<マスターズ 最終日◇11日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

海外メジャー「マスターズ」は最終日の競技が進行中。単独首位から出た松山英樹は難ホールが続くアーメンコーナーを終えてトータル13アンダーで単独首位をキープしていたが、15番で池ポチャ。このホールをボギーとして、2位と2打差まで詰め寄られた。


5打差をつけてアーメンコーナーを脱出した先に試練が待っていた。バーディ、できるならイーグルを獲りたい15番ホール。2オンを狙った残り235ヤードの2打目が、グリーンをオーバーして下り傾斜に乗り16番ホールの池に。アプローチも寄せきれずボギー。同組で2位のザンダー・シャウフェレ(米国)がバーディとしたため、一気に差を詰められた。

4打差の3位タイにはウィル・ザラトリス(米国)、ジョーダン・スピース(米国)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>