■海外男子メジャー「マスターズ」(4月8日〜11日、ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC、賞金総額1150万ドル=約12億6100万円)
松山英樹が2位に1打差で逃げ切り、アジア人として初のマスターズ制覇を成し遂げた。優勝賞金の207万ドル(約2億2700万円)を獲得し、賞金ランキングは37位から4位にジャンプアップした。


次戦は現地時間15日(木)開幕の「RBCヘリテージ」(サウスカロライナ州・ハーバータウンGL)。2018年の今大会でツアー初優勝を挙げた小平智が参戦する。松山は出場しない。

■国内女子ツアー「富士フイルム・スタジオアリス女子オープン」(4月9〜11日、兵庫県・花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコース、賞金総額1億円)
ともに今季3勝の稲見萌寧と小祝さくらが一歩も譲らぬ激闘。最後はプレーオフで小祝を下した稲見が2週連続優勝を達成した。優勝賞金1800万円を獲得し、賞金ランキング4位にまで浮上した。

次戦は16日(金)開幕の「KKT杯バンテリンレディス」(熊本県・熊本空港カントリークラブ)。賞金ランキング1位を走る小祝、3週連続優勝を狙う稲見が引き続き出場する。

■米国女子ツアー(オープンウィーク)
次戦は現地時間14日(水)開幕の「ロッテ選手権」(ハワイ州・コオリナGC)。日本からは渋野日向子、笹生優花、河本結、畑岡奈紗、上原彩子、野村敏京、山口すず夏らが出場予定。

■欧州ツアー(オープンウィーク)
次戦は15日(木)開幕の「オーストリアン・ゴルフオープン」(オーストリア・ダイヤモンドCC)。日本からは川村昌弘が出場する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>