ツアーで活躍を続けるトッププロの素顔を一番知っているのは誰か?…これはやっぱり家族でしょう! そう考えたALBA.Net編集部は、これまで多くの時間を共有してきた“姉妹”2人の対談をGW特別企画として実施。その人となりをさらに深堀りしていく。今回は2歳年が離れている脇元華&桜の2人に、シスタートークの席についてもらった。第2回のテーマは…。


――――――――――――――――――――

【今回のテーマ】
姉妹で同じ競技をするってどんな感じ?



華:ゴルフに対する悩みとか相談はしやすかったよね? そこは同じ競技でよかった部分。別のスポーツをやっていたほうがよかったとか考えたことがない

桜:それは私も同じ。私は中学生まで将来の夢について悩んでたんだけど、でも高校生になって『ゴルフがしたい』と思ったのが、お姉ちゃんが(大会の)トロフィーを持って帰ってきたから。それでプロを目指したいな、という気持ちになったんだよね

――もともとゴルフを始めたきっかけは?(編集部)

華:私が小学2年生で、桜が小学1年生から。中学3年までは、“なぁなぁ”にやっていて、試合にも出てなかったけど、口では『プロゴルファーになります!』って言ってた感じでした。でも私は中学3年でやる気スイッチが入って、練習するようになったんですけど、桜は『医者になる』って言って、進学校の中学に受験して入りました

桜:中学受験して入った結果は何も出てないんだけどね(笑)。でもゴルフのスタートはほぼ同じタイミングだったよね

華:ただ私、小学生の時のゴルフの記憶がほんとないんだよね〜。あまり練習してなかったからかな? だからなのか姉妹だからといって、ライバル心を燃やす、とかもなかった。でもプロテストが、1年かぶってたじゃん? 私が3回目で受かった時で、桜は初受験だった(※2018年)

桜:あれは嫌だった! テストとQTが一緒だったんだよね〜

華:そういえば、あの年のQTといえば…

桜:その話は、もうええって〜(笑)

華:サードQTを同じ(岡山県の)山陽ゴルフ倶楽部で受けて、私は11アンダーでトップ通過。その時、桜は4日間で17オーバーして、28打差がついて…『この差、やば〜!』って私はケラケラ笑ってた(笑)

桜:まー、“ごもっともです”って思ってたけどね(笑)。その時の動画残ってるから〜。私が荷物を降ろして、車から出たら、お姉ちゃんが…

華:車の中から『へたくそ〜〜〜〜』って、喉が痛くなるくらいに叫んだ。で、それを桜が動画に撮ってたんだよね(笑)

桜:窓が閉まってるのに、聞こえてたからね。めっちゃ“ウザっ!!”て思ってた(笑)

2人:(笑)

華:このあいだ、桜が1次テスト受けてる時、私は明治安田(レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント)の会場にいて、その初日とテストの最終日がかぶってたんだよね。練習日の日がテスト初日で、ずーっとソワソワしてた。『大丈夫かな〜。OB打ってないかな〜』って

桜:初日OB打った(笑)

華:(初日7オーバーと)スコアを聞いた時は『やばい』と思った。結果30位タイだったからよかったけど、ほんと緊張した。こっちももうハラハラでした(※最終的に5位タイで通過)。それで、桜はライバル心とかはあるの?

桜:初めてのプロテストの時は少し意識したかな。ライバルというか、比べちゃう。『お姉ちゃんは何打、私は何打』みたいに。あの時の最終日は、1つ後ろの組にお姉ちゃんがいて、プレーしているところも見えたから『お姉ちゃん伸ばしてるかな〜』とか考えてたら、自分が落として…

華:目の前の一打に集中せえ!(笑)。でも私も最後まで気を抜けない状況だったけど、回りながら『桜も落としていないことを祈る!』とは思ってたな。一緒に通りたいっていう気持ちがあったしね

桜:でも、お姉ちゃんがテスト通った時、部屋にサプライズでお祝いしたし、やっぱりライバル心とは違うのかな?

華:部屋に入ったら『合格おめでとう』って書かれた風船があって、クラッカー鳴らして弟と一緒に祝ってくれたんだよね。でもさ、変な所でのライバル心はあるよね! 夜のランニングとかでは、お互いに負けたくないとか思ってるでしょ?

桜:それはある(笑)。お姉ちゃんの後ろをずっと走ってて、終盤に抜かすんだけど、結局最後抜かれ返されちゃうんだよね

華:桜が全力で走ってるのが分かるから、『少し距離を置けばバテるだろう』と思って、一回泳がす(笑)。で、バテたところで抜き返す。長距離は私が勝ちます

桜:私もランニング嫌いじゃないんだけどな〜

華:好きと得意は違うからね?

桜:ごもっともです(笑)

華:お互いに負けたくない気持ちはあるし、気づいていないところで意識してるのかな?

<ゴルフ情報ALBA.Net>