<ピュアシルク選手権 2日目◇21日◇キングスミル・リゾート リバーC(バージニア州)◇6445ヤード・パー71>

久しぶりに米本土に戻り行われている米国女子ツアーの「ピュアシルク選手権」は2日目のプレーがスタートした。日本勢は5人が出場。来季の出場権を目指す渋野日向子が1アンダーの最上位につけ、第2ラウンドに入る。


初日は前半を1オーバーとしたが、後半に入り3バーディ・1ボギー。終盤の3ホールで2バーディを奪う粘りを見せ、24位タイと上々の滑り出し。フェアウェイキープ100%の安定したティショットを武器にさらなる上位を目指す渋野。第2ラウンドは日本時間の3時05分にスタートする。

そのほかの日本勢では2オーバーの野村敏京、4オーバーの畑岡奈紗、6オーバーの山口すず夏が日本時間の深夜、9オーバーの上原彩子は日本時間の午後9時10分にプレーを開始する。

5アンダーの首位には台湾のシュ・ウェイリン。4アンダーでキム・セヨン(韓国)らが追う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>