<リゾートトラスト レディス 事前情報◇26日◇セントクリークゴルフクラブ(愛知県)◇6605ヤード・パー72>

前週の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で今季6勝目を挙げて東京五輪の出場圏内となるオリンピックランキング日本勢2番手に浮上した稲見萌寧。それでも、「(出場権が決まるまで)まだ一カ月ありますし、どうなるか分かりません。あまり意識し過ぎずに、目の前の試合を戦っていきたい。出たいけどそれがメインになることはない」と泰然自若を貫いた。


今週の舞台は1999年以来の開催となるセントクリークゴルフクラブ。前週と同じ愛知県豊田市で目と鼻の先だ。そのため、今週はいつもとは異なり拠点の千葉に戻らずそのまま留まって調整した。そのため、通常は月曜日に行っているキックボクシングなどのトレーニングはできていないが、「こっちでもトレーニングできているのでそのあたりは心配ないと思います」と心配はなさそうだ。

むしろ、前週キャディを務めたコーチの奥嶋誠昭氏が残って、月曜日に練習を見てもらった。「午前中は用事があったので午後だけの練習で時間はいつもよりも少ないですが、見てもらったぶん内容はいつもより良かったと思う」と充実した調整を行った。

そうして挑む初めてのコースは「グリーンはすごくアンジュレーションがあってピンポジションや天気によって難易度がかなり変わる。セカンドショットがキーポイントになると思います。同じ段に乗せないといけないですし、違う段に行ったときの対処も求められます」とショット力がかなり問われる。「ポテトチップス状どころかポテトチップスが折れちゃってる感じ(笑)」と形状も難しいが、「ショットが苦手というわけではないので、調子はまだまだですが、なんとかできると思う」と自信をのぞかせた。

前週は1ラウンドのツアー史上最多バーディ、そしてツアー最少ストロークタイを叩き出したが、「今週はバーディを何個も獲るのは厳しいですね。このコースで欲を出したらボギー、ダボが止まらなくなる。今週は我慢ですね」と稲見。今週は耐えるゴルフで今季7度目の頂点を目指していく。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>