<全米女子オープン 2日目◇4日◇ザ・オリンピッククラブ・レイクコース(米カリフォルニア州)◇6457ヤード・パー71>

予選ラウンド(R)が終了し、笹生優花がトータル6アンダーの単独トップで現地時間5日(土)から始まる決勝Rへとコマを進めた。1打差の5アンダー・2位にはイ・ジョンウン6(韓国)、4アンダー・3位タイにはメーガン・カンと、アマチュアのメーガ・ガン(ともに米国)が続く。


初日を2アンダー・6位タイで滑り出した笹生は、2日目も6バーディ・2ボギーと4つ伸ばす快進撃。ラウンド後には「ラフからいいショットが打てたし、いいパットもいくつかあった。忍耐強く楽しんで、結果を喜びたい」と話した。これで2019年の比嘉真美子、20年の渋野日向子に続き、3大会連続で日本勢が予選Rを単独トップで通過することになった。

また畑岡奈紗も2日目に「69」をマーク。トータル1アンダーに伸ばし、9位タイで決勝Rへ進んだ。上原彩子もトータル5オーバー・47位タイで予選を突破した。

この他の日本勢はいずれも予選落ち。渋野日向子は「76」と5つ落とし、トータル7オーバー・67位タイ。勝みなみも同スコアで、カットラインに1打及ばなかった。三宅百佳はトータル10オーバー、川満陽香理はトータル12オーバーだった。

4月の「オーガスタナショナル女子アマ」覇者のアマチュア梶谷翼(兵庫・滝川第二高3年)はトータル14オーバー。こちらも高校生アマの小暮千広(茨城・明秀学園日立高3年)はトータル15オーバーという結果に。仲西菜摘はトータル21オーバー、長野未祈はトータル25オーバーで2日間の競技を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>