<GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 初日◇16日◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6657ヤード・パー72>

2021年の国内女子ツアー第20戦は、第1ラウンドが進行中。約4カ月ぶりの国内復帰戦となる渋野日向子は、前半を3バーディ・1ボギーで回り、2アンダー・14位タイで後半に入っている。


2番パー4で幸先よくバーディ先行とした渋野は、その後も5番から2連続バーディを奪うなど順調にスコアを伸ばす。8番パー5では4オン2パットのボギーを喫したが、まずは復帰初日の前半をアンダーで折り返している。

現在、8アンダー・単独首位に若林舞衣子。2打差2位タイに野澤真央、ユン・チェヨン(韓国)、3打差4位には濱田茉優が続いている。

渋野と同組の前回大会覇者・小祝さくら、今季6勝の稲見萌寧はそれぞれ1オーバー・74位タイ、3アンダー・8位タイにつけている。

2戦連続優勝を狙う堀琴音は1アンダー・33位タイ。2週前の「資生堂 レディス」で今季初勝利を挙げた鈴木愛は1オーバー・74位タイでバックナインに入っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>