<GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 2日目◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6657ヤード・パー72>

2021年の国内女子ツアー第20戦は、第2ラウンドが終了した。首位タイで出た24歳・野澤真央が5バーディ・1ボギーの「68」をマーク。トータル13アンダー・単独首位でフィニッシュし、ツアー初優勝に王手をかけた。


トータル12アンダー・2位にママさんVを狙う若林舞衣子。トータル10アンダー・3位タイには大里桃子、イ・ミニョン(韓国)が続いた。

約4カ月ぶりの国内復帰戦となった渋野日向子は、3バーディ・6ボギーの「75」と3つ落とし、トータル2オーバー・88位タイで予選落ちを喫した。

東京五輪代表に決まっている稲見萌寧はトータル9アンダー・5位タイ。2週連続優勝を狙う堀琴音はトータル6アンダー・14位タイで最終日に挑む。

前回大会覇者の小祝さくらは「68」と奮闘したが、トータル1オーバー・74位タイとカットラインには届かず。昨年8月の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」以来、約11カ月ぶりに予選落ちを喫した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>