<大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日◇25日◇滝のカントリークラブ(北海道)◇6578ヤード・パー72>

2021年の国内女子ツアー第21戦は、最終ラウンドが終了した。4バーディ・3ボギーの「71」をマークし、トータル15アンダーで逃げ切り優勝。今年6月の「ニチレイレディス」に続く今季4勝目、ツアー通算26勝目を果たした。


優勝インタビューでは「ギャラリーの前でのプレーはドキドキしました。でも、多くのギャラリーから応援をもらってこんなにいいプレーができました。これからも試合がたくさん残っています。みなさんに約束した賞金女王を目指して、一生懸命頑張ります」と、勝利の喜びを口にするとともに、さらなる活躍を誓った。

トータル10アンダー・2位タイに渡邉彩香、臼井麗香、濱田茉優、全美貞(韓国)。トータル9アンダー・6位タイには原英莉花、西郷真央、青木瀬令奈、サイ・ペイイン(台湾)が入った。

賞金ランキング1位の小祝さくらはトータル5アンダー・21位タイ、国内復帰2戦目の渋野日向子はトータル2アンダー・33位タイでのフィニッシュとなった。

決勝ラウンドを戦ったルーキー3人では、トータル1アンダー・42位タイの後藤未有が最上位。小倉彩愛はトータルイーブンパー・49位タイ、岩井明愛はトータル2オーバー・59位タイでプロデビュー戦を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>