<東京五輪ゴルフ競技(男子) 事前情報◇28日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)◇7447ヤード・パー71>

きょう29日(木)午前7時30分から、男子ゴルフ競技がスタートする。し烈な代表争いを勝ち抜いた各国トップ60人が、名門・霞ヶ関CCでメダルを争う。そのなかで松山英樹、星野陸也の日本代表はどのような戦いを見せてくれるのか? 開幕前日に丸山茂樹ヘッドコーチ(HC)が語った。


25日(日)に会場入りしてから、精力的に選手のラウンドに同行し、状態をチェックしてきた丸山HCは、2人の仕上がりについて、「英樹はコロナ感染明けで、本人は納得していないことがうかがえるけど、見てる側は不安はない。陸也は雰囲気にもなじんできたし、切れのあるショットが飛んでいる」など自信を口にした。

「ハイスコアが出る」と見る4日間で、金メダルの最低ラインについては15アンダーに設定。「ラフはやっかいだけど、フェアウェイからなら打ちづらいところはない。アグレッシブにいって欲しい」と伸ばしあいについていくことが、まずは大事になっていきそうだ。

ただ、グリーンはアンジュレーションがあり、つける場所によっては距離にかかわらず難しいラインも残る。それだけに「面白い場所に切ってきそう」というピンポジション次第では、「(残り距離が)短いからといって安心はできない」とチャンスがピンチに変わることも考えられる。松山、星野ともにティショットをカギに挙げたが、当然ながらいいライでグリーンを狙うショットを打つことがより重要になってくる。「セッティングは最高」と仕上がったコースで、選手がすべての力を出し切ってくれることに期待する。

大会前には世界1位のジョン・ラーム(スペイン)、同6位のブライソン・デシャンボー(米国)という強豪2人が、新型コロナウイルス陽性により欠場することがきまった。それでも、先日行われた「全英オープン」を制しメジャー2勝目を挙げたコリン・モリカワ(米国)や、アイルランド代表として出場するローリー・マキロイなど、手ごわいライバルとメダル争いを繰り広げることに変わりはない。

丸山HCは「世界ランク上位25人が本命になる。来るべきメンツが来る。実力差ははっきりしている」と戦況についての予想を立てている。世界20位の松山はもちろんその本命の一人になるが、同86位の星野が自国開催のメリットを生かし、いかに上位に食い込むか。世界基準で、「海外の選手にも負けない」と星野自身が語る飛距離も十分に生かし、列強に食らいついていきたい。

もちろん期待を持ってコースへ送り出すが、選手に対してヘッドコーチとして望むことは、「エンジョイしてもらいたい」ということ。おそらく一生に一回となるであろう自国での五輪という舞台を満喫してもらいたいというのが、一番の願いだ。舞台に不足はなし。チームジャパンの戦いがいよいよ幕を開ける。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>