<東京五輪ゴルフ競技(男子) 初日◇29日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)◇7447ヤード・パー71>

29日(木)に東京五輪の男子ゴルフが開幕。個性豊かな各国代表が集うなか、キャディバッグで強烈な存在感を出していたのがチェコ代表のオンドレイ・リーザーだ。


キャディバッグの外側に沿うように、ウッドとパター以外のクラブがむき出しで収納されている。Golf Geum Technologyというチェコのメーカーの製品で、同社のコンセプトは『革新的なデザインとハイテク技術をゴルフ界に導入すること』。

電動機能がついていて、リモコンによる操作が可能だという。「人と違うものを使うのが好きなんだ」とイタズラっぽく笑うチェコ代表。しかし、その本心は愛国心にあふれている。「自分の国の製品を使って、サポートしたいと思ったから」と、このバッグを使い始めたのが3年前。

通常のキャディバッグに比べてメリットはと聞いてみると、「いや、特にないかな(笑)。でも、リモコンでクルクル回るところが気に入った」と茶目っ気たっぷりに語った。ちなみに初日は悪天候に見回れたが、雨が降ったときはカバーをつけたり、内部に収納できるようになっているそう。

車輪が付いているタイプや、スタンドのみのタイプなどいくつか種類があるようで、お値段は日本円にして36万〜70万前後。これをお供にラウンドすれば、世界中どこでも注目の的になること間違いなし。普通のキャディバッグに飽きてきたら、ぜひ購入を検討してみては!?

<ゴルフ情報ALBA.Net>