<楽天スーパーレディース 2日目◇30日◇東急グランドオークゴルフクラブ(兵庫県) ◇6568ヤード・パー72>

2日連続のノーボギーに満足しながらも、悔しさを表した渋野日向子。原因はパッティング。初日から一筋外している場面が多すぎるからだ。


2日目はボギーこそないもの、パー5で2オンしての3パットが一回、カラーから打ったのを含めてパターで3回打ったのが1回。ともにイーグルチャンスを4メートル近くショートしてのものだった。「ロングパットではあったけど、タッチを合わせたかった分、ラインにも乗せたいと思ったらあれだけショートしてしまいました」と両方を求めた結果、せっかくのチャンスをふいにすることになってしまった。

それ以外にもショットがいい分、チャンスに多くついているがなかなか決まらない。渋野自身は「読み」に原因があるという。

「昨日からボール一個分くらいのが多い。きょうもなかなか入らんなぁという感じです。チャンスを決めきれていないからトップと差がついている。自分のストロークミスはほぼない。思ったラインと合っていないんだなと思う。読みづらいなという感じです」

この日の渋野のスタート時間は午後12時30分。前日に同じ12時30分にスタートした稲見萌寧や原英莉花が言っていたように、スパイクマークや芽が伸びてきていた面もある。同組だった堀琴音、小祝さくらも同じように外すケースが多かっただけに、その影響も考えられる。だが、「そうはいっても私が一番入っていない。そのせいにもできない。結局、読みが合っていないととらえています」とあくまで自分に原因があるとした。

思うようにパッティングが入らなくても、ノーボギーで回れているのは成長の証でもある。「流れが来ないなかで集中力を切らさずに、ボギーを打たずにできたのはいい風にとらえていいと思います」。我慢はここまで。あすはラインを読み切ってバーディラッシュといきたい。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>