<楽天スーパーレディース 最終日◇31日◇東急グランドオークゴルフクラブ(兵庫県) ◇6568ヤード・パー72>

木曜日に開幕、土曜日が決勝という変則日程となった新規大会「楽天スーパーレディース」もいよいよ最終日。残り18ホールで初代女王が決まる。


栄えある最終組となったのはトータル13アンダーで首位に立つ高橋彩華、1打差2位の吉田優利、そして2打差3位の西郷真央。ここまで初優勝に何度も手をかけながらいまだ届いていない3人が相まみえる。

しかも吉田と西郷は、麗澤中学、麗澤高校、日本ウェルネススポーツ大学と中学校から経歴がまったく一緒。吉田が1つ上の直属の先輩後輩同士が、兵庫の地で初優勝をかけて同組で争うこととなった。

一方、畑岡奈紗や渋野日向子と同い年の黄金世代の高橋は、今季5度目の最終日最終組。過去4回のうち3度は首位で迎えながら、タイトルには届かなかった。黄金世代の強さは今もなお際立っているが、黄金世代で“初優勝”を挙げた選手は19年の「CAT Ladies」の淺井咲希を最後に出ていない。黄金世代10人目の優勝者に名乗りを挙げることができるか。

最終組以外に目を向けても3打差以内の上位8人のうち、レギュラーツアーで優勝しているのは比嘉真美子のみ。誰もが欲しい初タイトル。そんな緊張がぶつかり合う新規大会の最終日となりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>