<東京五輪ゴルフ競技(男子) 3日目◇31日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)◇7447ヤード・パー71>

雷による中断で順延となった第2ラウンドが、7時45分に再開。17番のバーディパットを残した松山英樹は、送迎の車に乗ってグリーンに登場すると、1.4メートルを沈めて3日目をバーディでスタートした。


18番パー4では、“朝イチ”のドライバーショットでキャリー291ヤードをマーク。左ラフにつかまりパーオンに失敗したが、25ヤードの3打目を80センチに見事に寄せてパーでフィニッシュ。7バーディ、ボギーフリーの「64」をマークして、トータル9アンダー・単独3位に浮上した。

「フィーリングはまだ良くないですが、良い感じで週末を迎えられるので頑張りたい。体調を整えて頑張りたい」と語る。最終組に組み込まれる予定の松山は、スタートまで約3時間ほど空く見込み。メダル獲得を視界に捕らえ、第3ラウンドに入る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>