<東京五輪ゴルフ競技(男子) 最終日◇1日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)◇7447ヤード・パー71>

ゴルフの男子競技は最終ラウンドがスタート。日本代表の星野陸也も1番をパーとして、コースへと飛び出した。


初日をイーブンパー、2日目を3アンダーとして3日目の躍進を期したが、スコアを2つ落とし、46位タイに後退して迎えた最終日。メダル争いからは離れてしまったが、最後に意地を見せたい。

3日目を終えてトータル14アンダーの首位に米国代表のザンダー・シャウフェレ。そして1打差の2位に松山英樹がつける。

母国開催での金メダル獲得に向け、松山は11時09分にシャウフェレ、ポール・ケーシー(イングランド)とスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>