<東京五輪ゴルフ競技(女子) 3日目◇6日◇霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)◇6648ヤード・パー71>

東京五輪の女子ゴルフ競技は3日目に突入。日本代表の稲見萌寧も1番からスタートし、出だしをパーとしてコースへと飛び出した。


初日を1アンダーでスタートした稲見。2日目は前半にイーグルを奪うなど5つ伸ばした。後半に入ってやや停滞したが、最終18番ホールで2日続けてバーディを奪うなど、トータル7アンダーの6位タイで大会を折り返した。

今年に入って国内ツアーで5勝を挙げて代表の座をつかみ取った稲見。残り2日間でメダル争いへと浮上し、歓喜の瞬間を迎えるか。

トータル13アンダーの首位には米国代表のネリー・コルダが抜けているが、2位グループはトータル9アンダーと詰まっている。ムービングデーのこの日、大きくスコアを伸ばすのは誰か。

<ゴルフ情報ALBA.Net>