<ザ・ノーザン・トラスト 2日目◇20日◇リバティー・ナショナルGC(ニュージャージー州)◇7410ヤード・パー71>

2アンダー・15位タイで初日を終えた松山英樹が、5番パー4からの5連続バーディで、5つ伸ばして後半に入った。10番はボギーとしてたものの、トータル6アンダーまで伸ばし、上位をうかがう。


1バーディ・1ボギーとして迎えた5番で4メートルを沈めると、続く6番パー5ではイーグルパットを1メートル以内に寄せ連続バーディとした。さらに7番、8番でもチャンスを決めると、9番で2メートルを決めた。

トップでホールアウトしたジョン・ラーム(スペイン)は、トータル12アンダーまで伸ばしているため、まだ差は開いているが、伸ばしあいの様相を呈すラウンドで今年のマスターズ王者も気を吐いた。

ラームに続き、トータル11アンダー・2位にはトニー・フィナウ(米国)、トータル10アンダーグループにはジャスティン・トーマス(米国)らが続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>