<ニトリレディス 3日目◇28日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6775ヤード・パー72/パー73>

国内女子ツアー「ニトリレディス」は3日目の競技がスタート。ムービングデーのこの日は全員が1番ティからスタートする“ワンウェイ方式”で行われる。


そんななか同組となったのが菊地絵理香と小祝さくらの地元北海道が生んだショットメーカーコンビ。ともにトータル2アンダーの26位タイと3日目に伸ばして最終日を迎えたい状況だ。

菊地は地元での戦いに「気負い過ぎると良くないので、あまり意識し過ぎずにいきたい」と泰然自若を強調。地元優勝だけでなく史上3人目、史上最年少での3週連続優勝、ホステス優勝など様々なものがかかる小祝は「まだあと2日あるので、しっかりスコアを伸ばせるように。まずはショットでチャンスにつけないと厳しいと思うので、しっかりアイアンショット修正して、残り2日間頑張りたいと思います」と話した。

今大会は残念ながら無観客となってしまったが、テレビ越し、パソコン越し、スマホ越しで応援してくれている道民の思いを力に変えて一気に上位進出したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>