<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇12日◇静ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇6680ヤード・パー72>

女子プロNO.1決定戦は最終ラウンドが進行中。約1カ月ぶりツアー出場の渋野日向子は前半を2バーディ・ノーボギーで回り、トータル5アンダー・12位タイでハーフターンしている。


スタートホールの1番を幸先よくバーディで滑り出した渋野。その後は再三グリーンに乗せるも、なかなかスコアを伸ばせずにいたが、7番パー4で約4メートルを沈めてこの日2つ目のバーディを奪った。トップ10を間近に捉えて後半へ突入している。

トータル13アンダー・単独首位に公式戦初タイトルがかかる稲見萌寧。1打差2位タイに西郷真央、大山志保。2打差4位にはイ・ミニョン(韓国)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>