<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇12日◇静ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇6680ヤード・パー72>

女子プロNO.1決定戦は最終ラウンドが進行中。約1カ月ぶりツアー出場の渋野日向子は3バーディ・3ボギーの「72」と伸ばせず、トータル3アンダー・25位タイでホールアウトしている。


前半を2アンダーで折り返した渋野は、後半11番で約2メートルにつけてバーディ奪取。しかし、続く12番では3パットのボギーを喫する。その後は4つのパーを挟んで上がり2ホールを連続ボギー。最終ラウンドでのチャージはならなかった。

トータル18アンダー・単独首位に公式戦初タイトルがかかる稲見萌寧。3打差2位タイに西郷真央と大山志保、6打差4位には勝みなみが続いている。

賞金ランキング1位の小祝さくらは「72」と伸ばせず、トータル2アンダー・30位タイでホールアウトしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>