12日付けの男子ゴルフ最新世界ランキングが発表された。米男子ツアーでは16日からの「フォーティネット選手権」で新シーズンが開幕。今週は上位勢に大きな変動はなく、1位ジョン・ラーム(スペイン)、2位ダスティン・ジョンソン、3位コリン・モリカワ(ともに米国)。ブルックス・ケプカ(米国)が1ランクアップで9位となった。


欧州男子ツアーの「BMW PGA選手権」を制したビリー・ホーシェル(米国)が順位を上げて28位から18位に浮上。同大会で17位タイとなった川村昌弘は147位から136位へと順位を上げた。

日本勢では、松山英樹が17位。次いで85位の金谷拓実、95位の星野陸也、104位の木下稜介、111位の今平周吾となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>