<フォーティネット選手権 初日◇16日◇シルバラード・リゾート&スパ ノースC(カリフォルニア州)◇7123ヤード・パー72>

米国男子ツアーの2021-22シーズンの開幕戦、「フォーティネット選手権」の初日の競技が始まった。昨シーズン最終戦からわずか1週間だけ空けて出場している松山英樹は、前半2バーディ・ボギーなしのプレーで、2アンダーにスコアを伸ばし後半に入っている。


バーディチャンスにつくものの、なかなかパットが決まらずに6番までパーを並べて迎えた7番パー3で、3メートルを沈めて最初のバーディを奪うと、続く8番パー4では残り97ヤードから2メートルにつけて連続バーディ。9番パー5でも3打目のバンカーショットを2メートル弱に寄せるも、このパットは外して3連続バーディはならず。2アンダーは現在29位タイとなっている。

現在のトップは、すでに「65」でホールアウトしているチェズ・リービー(米国)。8バーディ・1ボギーのゴルフで7アンダーまでスコアを伸ばしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>