<フォーティネット選手権 初日◇16日◇シルバラード・リゾート&スパ ノースC(カリフォルニア州)◇7123ヤード・パー72>

米国男子ツアーの2021-22シーズンの開幕戦、「フォーティネット選手権」は初日の競技が終了。日本勢で唯一出場している松山英樹は4バーディ・1ボギーの「69」で3アンダー・24位タイとまずまずの滑り出しを見せた。


首位発進を決めたのは7アンダーまで伸ばしたチェズ・リービー(米国)。1打差の6アンダー2位タイでキャメロン・トリンガル(米国)とキャメロン・トリンガル(カナダ)が続いている。

そのほか、昨季のルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出されたウィル・ザラトリス(米国)は4アンダー・10位タイ、フィル・ミケルソン(米国)は2アンダーの41位タイ。世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)はイーブンパーの104位タイとやや出遅れている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>