<ANAオープン 3日目◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

午前7時30分に第1組がスタートし、第3ラウンドの競技が開始された。その10分後の2組目から、トータル5アンダー・24位タイで予選を終えた石川遼が、塚田陽亮、アンジェロ・キュー(フィリピン)とともにコースに出た。


前日に30歳の誕生日を迎えた石川だったが、1つ伸ばすにとどまったラウンドについて「ほぼ最悪」と話していた。3日目は首位との4打差を追ってのティオフとなった。ドライバーでのティショットでフェアウェイをとらえた1番は、2打目で4メートルほどにつけるもバーディパットは決まらず。返しを決めてパー発進とした。

トップはトータル9アンダーのスコット・ビンセント(ジンバブエ)、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)の2人。トータル8アンダーの3位タイに矢野東、片岡尚之、堀川未来夢らが続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>