<日本女子オープン 事前情報◇28日◇烏山城カントリークラブ(栃木県)◇6550ヤード・パー71>

日本一の女子ゴルファーを決める戦いがいよいよ30日(木)に開幕する。その2日前の28日、東京五輪で銀メダルを獲得した稲見萌寧への報奨金の授与式が行われた。


銀メダル獲得による総額1200万円の報奨金のうち、今回は日本ゴルフ協会(JGA)からの500万円、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)からの500万円の合計1000万円の目録が稲見に送られた。また、JGAからは銀の皿もあわせて渡された。

授与された稲見は、「とても光栄です。毎週試合があるので2カ月前は過去のことのようですが…。改めて表彰いただきメダルを獲得したことでたくさんの方が喜んでくださりうれしく思います」と感謝を述べる。

続けてメダルを獲りたかった理由も明かした。「ゴルフを知らない人に“ゴルフって楽しいんだよ”と知ってもらえる機会だと思いましたし、プロを目指すジュニアゴルファーに夢と希望を与えたいと思っていました。それが少しでもできていたらうれしいです」。五輪という舞台だからこそ、ゴルフの知名度を上げられるまたとないチャンス。いつもとは違う、期する思いがあった。

式では、稲見をコーチとして支えた服部道子にも倉本昌弘から花束が授与された。「稲見さんは44度のなかでも頑張ってくれました。どんな人と回っても、どれだけ舞台が大きくてもこのまんまでした。夜の食欲もすごかった(笑)」とエピソードを交えて変わらない強さの裏を明かした。

今週は日本で最高峰の舞台に挑む。「特別な意識はないですがメジャー大会の一つ。他の試合とは少し違うが、あえて自分の中では同じ試合と何も変えずにやっていきたい」と意気込みを語った。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>