<バンテリン東海クラシック 3日目◇2日日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,300ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「バンテリン東海クラシック」の第3ラウンドが進行中。2009年大会覇者の石川遼は、1番をパーとしてラウンドをスタートした。石川はトータル5アンダー・16位タイからティオフ。首位との6打差を追いかける。


予選2日間を終えて、トータル11アンダー・単独首位には稲森佑貴。首位と1打差・2位タイには小斉平優和とチャン・キム(米国)、2打差・4位に安本大祐、3打差・5位タイに金谷拓実とT・ペク(米国)が続いている。

現在賞金ランク1位を走る木下稜介はトータル7アンダー・7位タイ、同ランク2位でホストプロの星野陸也はトータルイーブンパー・50位タイから巻き返しを図る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>