■国内女子ツアー「スタンレーレディス」(10月8〜10日、静岡県・東名CC、賞金総額1億円)

3年ぶりに天候に恵まれ54ホールできた戦いは渋野日向子、木村彩子、ペ・ソンウ、そしてアマチュアの佐藤心結のプレーオフに。4人でのプレーオフはツアーでは実に15年ぶりのことだった。


制したのは渋野日向子。唯一2ホール連続でバーディを奪い、2019年の「大王製紙エリエールレディス」以来2年ぶりの美酒に酔った。優勝を決めた瞬間の涙も印象的だった。

今週は15日(金)から、千葉県の東急セブンハンドレッドクラブで「富士通レディース」が行われる。渋野、前回大会優勝の申ジエ、富士通所属の古江彩佳らがエントリーしている。

■国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」(10月7〜10日、千葉県・袖ケ浦CC 袖ケ浦C、賞金総額1億1000万円)

上位3名に日本で行われる米ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の出場権が与えられる「ブリヂストンオープン」を制したのは、トータル19アンダーまで伸ばしたシード権を持たないプロ7年目の28歳・杉山知靖だった。

2打差の2位タイに香妻陣一朗と片岡尚之。渡米前最後の試合となる石川遼、史上初の大会3連覇がかかっていた今平周吾はトータル6アンダーの28位タイに終わった。

今週は14日(木)から、滋賀県の琵琶湖CCで国内メジャー「日本オープン」が行われる。前回大会優勝の稲森佑貴、「パナソニックオープン」をアマチュアで制した中島啓太らがエントリーしている。

■米国男子ツアー「フォーティネット選手権」(10月7〜10日、ネバダ州・TPCサマリン、賞金総額700万ドル=約7億7000万円)

米国男子ツアー21-22年シーズンの3戦目は、首位と3打差からスタートした韓国のイム・ソンジェが最終日に「62」で大まくり。トータル24アンダーで昨年3月以来の米ツアー2勝目を挙げて、優勝賞金126万2000ドル(約1億4000万円)を獲得した。

日本勢で唯一出場した松山英樹は週末にショットの不調に苦しみ、トータル4アンダーの67位タイで4日間を終えた。

今週は現地時間14日(木)から、同じくネバダ州のザ・サミットCで「ザ・CJカップ@サミット」が行われる。イム、松山、ダスティン・ジョンソンらがエントリーしている。

■米国女子ツアー「コグニザント・ファウンダーズカップ」(10月7〜10日、ニュージャージー州・マウンテン・リッジCC、賞金総額300万ドル=約3億3000万円)

単独首位でスタートしたコ・ジンヨン(韓国)が最終日もスコアを伸ばして逃げ切り。トータル18アンダーで今季3勝目、通算10勝目を決めた。

最終日に2位タイから出た笹生優花は、序盤のダブルボギーが響きトータル10アンダーの4位タイ。畑岡奈紗はトータル1アンダー・51位タイで大会を終えた。米ツアー復帰2戦目の横峯さくらは予選落ちを喫している。

今週はもともと中国で「ビュイックLPGA上海」が開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止に。空き週となっている。

■国内シニアツアー「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」(10月7〜10日、茨城県・サミットGC、賞金総額5000万円)

シニアプロナンバーワンを決める戦いは、最終日に首位と3打差で出た立山光広が7バーディ・1ボギーの「66」で逆転。シニア初優勝を公式戦で飾った。

トータル15アンダー・2位タイには寺西明と塚田好宣。トータル12アンダー・4位タイには伊澤利光、丸山大輔が入った。大会主催の日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘はトータル10アンダー・8位タイ。中嶋常幸はトータル4オーバー・50位タイで4日間を終えた。

■欧州男子ツアー「スペインオープン」(10月7〜10日、スペイン・クラブ・デ・カンポ・ビラ・デ・マドリード、賞金総額150万ユーロ=約1億9500万円)

スペインのナショナルオープンは、スペイン勢同士のプレーオフに。アドリ・アルナウスを下したラファ・カブレラ・ベロが地元優勝を飾った。

2打差の3位タイにジュリアン・ガリエ(フランス)、グラント・フォレスト(スコットランド)、シュバンカー・シャルマ(インド)。世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)はスコを落としトータル13アンダーの17位タイで終了した。

今週は現地時間14日(木)から同じくスペインのレアル・クラブ・バルデラマで「エストレージャ・ダムN.A.アンダルシア・マスターズ」が行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>