<富士通レディース 2日目◇16日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6679ヤード・パー72>

国内女子ツアーは第2ラウンドが進行中。2週連続優勝を狙う渋野日向子は前半を6バーディ・ボギーなしで回り、トータル11アンダー・単独首位で後半に入っている。


スタートホールの1番から3連続バーディを決めた渋野。その後は5番で約6メートルのバーディパットを決めると、7番では3打目をピンに寄せてさらに伸ばし、9番では約4メートルのスライスラインを読み切ってバーディを奪った。

1打差2位に勝みなみ。2打差3位にホステスプロの古江彩佳、3打差4位に上田桃子が続いている。

稲見萌寧はトータル7アンダー・5位。古江と同じくホステスプロの柏原明日架はトータル5アンダー・11位タイで後半に入っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>