<ザ・CJカップ@サミット 2日目◇15日◇ザ・サミットC(米ネバダ州)◇7431ヤード・パー72>

米国男子ツアーの「ザ・CJカップ@サミット」は2日目のプレーが終了した。日本勢で一人出場中の松山英樹は5バーディ・3ボギーの「70」で回り、トータル8アンダーの28位タイで週末に向かう。


トータル18アンダーの首位にキース・ミッチェル(米国)。トータル13アンダーの2位タイにアダム・スコット(オーストラリア)、キム・ソンヒョン(韓国)、ジョーダン・スピース、ハリー・ヒッグス(ともに米国)がつける。

トータル12アンダーの6位タイにリッキー・ファウラー(米国)とタイレル・ハットン(イングランド)。初日「61」をマークして首位に立ったロバート・ストレブ(米国)は2日目をイーブンパーとし、トータル11アンダーの8位タイにとどまった。

コリン・モリカワ(米国)はトータル7アンダーの35位タイ。ザンダー・シャウフェレ(米国)はトータル6アンダーの46位タイ。ダスティン・ジョンソン(米国)はトータル4アンダーの55位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>