<富士通レディース 2日目◇16日◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6679ヤード・パー72>

国内女子ツアーは第2ラウンドが進行中。2週連続優勝を狙う渋野日向子は8バーディ・2ボギーの「66」で回り、トータル11アンダー・3位タイでホールアウトしている。


前半を6バーディ・ボギーなし。単独首位で後半に入った渋野だったが、13番で初日を通じて初ボギーを喫すると、続く14番でもスコアを落とした。しかし、16番のパー5で1つ取り返すと、17番パー3では約4メートルのバーディパットを沈めて、後半をイーブンとしてホールアウトを迎えた。

トータル12アンダー・首位にタイにホステスプロの古江彩佳、勝みなみ。1打差3位に渋野、3打差4位タイには稲見萌寧、上田桃子が続いている。

古江と同じくホステスプロの柏原明日架はトータル8アンダー・5位タイでホールアウトしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>