<ZOZOチャンピオンシップ 初日◇21日◇アコーディア・ゴルフ 習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

米ツアー唯一の日本開催トーナメントは、第1ラウンドが進行中。松山英樹は6バーディ・ボギーなしの「64」をマークし、6アンダー・2位タイでホールアウトしている。


前半を3アンダーで折り返した松山。後半に入っても安定感は持続し、13番から2連続バーディを奪うと、17番パー4でのバーディで首位タイに浮上した。2019年大会で2位に入った好相性大会で、まずは好調な滑り出しとなった。

7アンダー単独首位に岩田寛。6アンダー・2位タイに松山、岩田寛、ホアキン・ニーマン(チリ)。2打差5位タイにはマット・ウォレス(イングランド)とブレンダン・スティール(米国)が続いている。

東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレ(米国)はイーブンパー・28位タイ。メジャー通算2勝のコリン・モリカワ(米国)は1オーバー・42位タイでホールアウトしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>