<JLPGA最終プロテスト 最終日◇5日◇城陽カントリー倶楽部 東コース(京都府)◇6400ヤード・パー72>

2021年度のJLPGA最終プロテストは全日程が終了。トータル8アンダーとした今年の「日本女子アマチュア選手権」覇者の尾関彩美悠がトップ通過を果たした。


トータル5アンダー・2位に高久みなみ、トータル2アンダー・3位に泉田琴菜。トータル1アンダー・4位には「スタンレーレディス」で渋野日向子とプレーオフを戦った佐藤心結が入った。そのほか、合格ラインとなる20位タイ以内には、元賞金女王・平瀬真由美のめい・竹田麗央やかつてレギュラーツアーで戦っていた丹萌乃らが入っている。

「TOTOジャパンクラシック」の出場権を持ちながらもプロテストを選んだ高木優奈、ツアー2勝の吉田優利の妹・鈴、高校卒業後米ツアーを主戦場として戦ってきた山口すず夏、4月の「オーガスタナショナル女子アマチュア」で優勝を遂げた梶谷翼らは不合格となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>