11月15日付けの女子世界ランキングが発表された。国内女子ツアーの「伊藤園レディス」で今季9勝目を挙げた稲見萌寧が18位から15位に浮上。自身の最高位を記録した。


国内ツアーの賞金ランキングで稲見と1位を争う古江彩佳は14位のまま。渋野日向子は37位、同大会で2位に入った西郷真央は38位に浮上。西村優菜が41位で続く

米国女子ツアーの「ペリカン女子選手権」に出場していた笹生優花は6位で変わらず。畑岡奈紗も8位のままとなっている。

ペリカン女子選手権で優勝したネリー・コルダ(米国)が1位を堅守。コ・ジンヨン(韓国)は2位のまま。インビー・パーク(韓国)が3位となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>