<CMEグループ・ツアー選手権 初日◇18日◇ティブロンゴルフクラブ(米フロリダ州)◇6556ヤード・パー72>

米国女子ツアーの2021年シーズンが最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」が開幕。本大会には前週までの年間ポイントレース上位60人が出場し、勝者が年間女王の称号とともに、女子ツアー最高額の優勝賞金150万ドル(約1億7200万円)を手にする。


初日を終えて、年間ポイントレース16位の笹生優花が首位と2打差の6位タイ、今季2勝でポイントレース10位の畑岡奈紗は3アンダー・25位タイ発進を決めた。

8アンダー・単独首位に立ったのはイ・ジョンウン6(韓国)。1打差・2位タイにはキム・セヨン(韓国)、セリーヌ・ビュティエ(フランス)、ミナ・ハリガエ、ジェニファー・クプチョ(ともに米国)が続いた。

世界ランキング1位で今季4勝、ポイントレース2位のネリー・コルダ(米国)は笹生と同じく6位タイ。ポイントレース1位で同じく今季4勝、前年覇者のコ・ジンヨン(韓国)は25位タイとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>