<ダンロップフェニックス 2日目◇19日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7042ヤード・パー71>

国内男子ツアーは第2ラウンドが進行中。全選手が前半の競技を終えて、片岡尚之、秋吉翔太、古川雄大がトータル8アンダー・首位に並んでいる。


1打差4位タイに香妻陣一朗、小斉平優和、ハン・リー(米国)。2打差7位タイには木下稜介、浅地洋佑、藤田寛之、比嘉一貴、永野竜太郎、杉本エリックが続いている。

19年大会覇者の今平周吾は、久常涼、星野陸也らと並ぶトータル5アンダー・13位タイ。2週連続優勝がかかる谷原秀人はトータル2アンダー・28位タイ、昨年覇者の金谷拓実はトータル1オーバー・46位タイで後半をプレーしている。

今大会がプロデビュー戦の杉原大河はトータル6オーバー・77位タイと苦戦している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>