<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>

2打のリードを持って迎えた最終18番。残り30センチのウイニングパットを沈めた原英莉花に笑顔はなかった。涙を流しながら、ギャラリーからの祝福の拍手に頭を下げ、右手を上げてガッツポーズ。アテストを終え、優勝インタビューを迎えても、こみあげるものを止めることはできなかった。


「この1年間ずっと苦しくて…自分の思う通りに運べなかった。体の痛みもあったなかで、優勝にたどり着けたと思ったらすごくうれしかったです」。表彰式を終え会見場に現れた時は、普段通りの明るく元気な笑顔を見せたが、勝利の後に見せた涙の理由について聞かれると、再び声を詰まらせた。

昨年は「日本女子オープン」、「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」と公式戦2冠を達成する飛躍の一年になった。しかし一転、年を越した後は勝てない日々が続いた。それを阻害していたのは「何かしら不安を抱えていた」という“自信の喪失”。起点は、その年の12月に出場した海外メジャー「全米女子オープン」頃までさかのぼる。

海外の強豪、そして難コースを目の当たりにした原の心中に「自分に足りないものが目につくようになった」という思いが込み上げる。そこからは、その足りないものを埋めるための練習や、クラブ変更を重ねるなど試行錯誤することになったが、これが迷路の入口になってしまった。さらに今年4月に出場し、トータル9オーバーで予選落ちした「ANAインスピレーション」後には、その後も苦しめられるギックリ腰を発症。「ANAの後は腰のこともあって、自分でもよくわからない感情になりました」。ここが一番苦しかった時期だと、今振り返る。

そこからは腰をケアしながら国内ツアーを戦い、8月には「AIG女子オープン」(全英女子)にも出場。しかし納得いくような結果が出ず、「もう勝てないかもしれない」という考えすら頭をよぎった。一時は症状がおさまった腰痛も、寒くなったことで「昨日、きょうもしんどかった」と再び不安材料に。「スポーツをするうえで一番大事。もしかしたらゴルフができなくなる怖さもあります。そこと付き合いながらやらないといけない。体が資本」ということを痛感した。

この愛媛での優勝争いも、そんな苦しみを象徴するような戦いになる。前半はなかなかチャンスも訪れず、一時は4人がトップに並ぶ大混戦に。しかし、そのなかでも「いつかバーディが来ると信じて、楽しくプレーしよう」と自信を持って勝機を待ち続けた。そして17番パー5で、ビッグプレーが生まれる。

ここでのティショットは右に曲がり、池ポチャを覚悟したほどだったが、「奇跡だと思って歩測したら、あと一歩(で池に入っていた)」とギリギリ残って、最悪の事態を回避。すると残り214ヤードから7番ウッドを振り抜き2オンに成功し、8メートルのイーグルパットを決めた。これで2打のリードを奪うと、何度も力強く右こぶしを振り下ろした。「2パットでバーディをと思ったら入ってくれた。うれしかったですね」。まさに勝負を分けるホールとなった。

「長かった」と感じさせた通算4勝目は、「長かった一日」を乗り越えてつかみとったもの。感想を聞かれた時には「幸せです。ゴルフを続けてよかった」という言葉しか出てこないほどの万感の勝利だった。そして今回のできごとについて原は「来年への希望になる1勝」と表現する。暗中模索のすえ、ようやく光が差し込んできた、そんな気分だったのではないか。来週は1年前に通算3勝目を手にしたメジャー大会を迎える。「勝つ気で挑みたいなと思います」。失いかけた自信を取り戻し、今は連覇への意気込みを力強く宣言できる。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>