■国内女子「大王製紙エリエールレディス」(11月18〜21日、愛媛県・エリエールゴルフクラブ松山、賞金総額1億円)

後続に2打差をつけ首位で出た原英莉花が最終日に「68」をマーク。トータル17アンダーで逃げ切り今季3勝目、ツアー通算4勝目を飾った。


賞金ランキング1位の稲見萌寧はトータル8アンダー・19位タイ、賞金ランク2位の古江彩佳も同順位でフィニッシュ。その差は1700万円弱で変わらず、賞金女王決定は今週の最終戦に持ち越しとなった。12月の米ツアー予選会に出場するため、国内最終戦となった渋野日向子はトータル9アンダー・12位タイで終了。

また、本大会で来季のシード選手が決定。今年は賞金ランキングとメルセデス・ランキングのいずれか50位内がシードの獲得条件となっており、初シード組では、西郷真央、西村優菜、笹生優花、吉田優利ら13人。シード復活組には、今季の開幕戦制覇の渡邉彩香、ツアー初優勝を飾った堀琴音など7人が名を連ねた。

■国内男子「ダンロップフェニックス」(11月18〜21日、宮崎県・フェニックスカントリークラブ、賞金総額1億5000万円)

首位と3打差・9位タイから出たチャン・キム(米国)が最終日に「63」のビッグスコアをマーク。8つ伸ばし、トータル17アンダーで逆転優勝を決め、賞金ランキング1位に浮上した。

首位と1打差・2位タイには片岡尚之と木下稜介、2打差・4位には宮里優作、3打差・5位タイには小平智と星野陸也、スンス・ハン(米国)が入った。

木下は約1180万円差で賞金ランキング2位。同1位で大会に臨んだ金谷拓実は、大会31位タイで同3位となった。男子ツアーは、今週開幕の「カシオワールドオープン」、今季の優勝者など30人に出場が限られる「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の2試合でシーズン終了となる。

■米国男子「ザ・RSMクラシック」(11月18〜21日、米ジョージア州・シーアイランド・リゾートGC、賞金総額720万ドル=約8億9060万円)

最終日に単独首位から出たテイラー・グーチ(米国)がツアー初優勝。伸ばし合いの4日間をトータル22アンダーで制した。

3打差の2位にマッケンジー・ヒューズ(カナダ)、4打差の3位にセバスチャン・ムニョス(コロンビア)。そのほか、元世界ランキング1位のジャスティン・ローズ(イングランド)がトータル12アンダーの12位タイで大会を終えている。なお、今大会に日本人選手は出場していなかった。

12月2日からは、タイガー・ウッズ主催のツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」がバハマにて行われる。

■米国女子「CMEグループ・ツアー選手権」(11月18〜21日、米フロリダ州・ティブロンゴルフクラブ、賞金総額500万ドル=約5億7000万円)。

ポイントランク上位60人が出場するシーズン最終戦。予選落ちなしの4日間大会で、優勝賞金150万ドルのビッグボーナスと年間女王の称号をかけて競う1週間。3日目を終えて畑岡奈紗が首位タイに並び優勝争いに絡んだが、2位とあと一歩届かなかった。

優勝していれば1987年の岡本綾子以来、34年ぶりの米ツアー日本人賞金女王。トーナメントレコードを上回るトータル22アンダーまで伸ばすしたが、コ・ジンヨン(韓国)がトータル23アンダーまで伸ばしたため、1打及ばずにシーズンを終えた。

ジンヨンはこの優勝で、賞金女王だけでなくポイントレースも制し19年に続く2度目のプレーヤーズ・オブ・ザ・イヤーと二冠を手にした。また、笹生優花はトータル3アンダーの48位タイで終了した。

■欧州男子ツアー「DPワールド・ツアー選手権 ドバイ」(11月18〜21日、アラブ首長国連邦・ジュメイラ・ゴルフエステーツ、賞金総額900万ドル=10億円)

欧州ツアー最終戦は、最終日に「66」と猛チャージを見せたコリン ・モリカワ(米国)が逆転優勝。欧州ツアーは4勝目、これでモリカワは年間ポイントレースも制覇し、米国人初の快挙となった。

首位タイから出たローリー・マキロイ(北アイルランド)は「74」と乱調、トータル12アンダーの6位タイフィニッシュ。日本勢で唯一出場している川村昌弘はトータルイーブンパーの48位タイで4日間を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>