<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇23日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6543ヤード・パー72>

今季初めて賞金シードを獲得した植竹希望は、畑岡奈紗や渋野日向子、原英莉花らと同じ1998年度生まれの“黄金世代”。メルセデス・ランキング30位の資格で最終戦初出場を決めた。


今大会は今シーズンの優勝者や、メルセデス・ランキング上位選手を加えた40名しか出場できないエリートフィールド。例年は30名しか出られないが、2020、21年が統合された今回は出場枠が広がった。植竹は「人数が増えている状態で出場できたのでマグレかなと思っています」と謙虚に答える。そして「来年はちゃんと優勝して出たい」と初優勝への思いは増している。

植竹は9月に行われた「ゴルフ5レディス」で3位タイ、「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で4位、「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」で2位タイと3週連続でトップ5に入り、一気に初賞金シードを確定させた。しかしその後は、トップ10フィニッシュはなく、先週の「大王製紙エリエールレディス」では予選落ちを喫した。

「3週続けていいゴルフができていて、そのあとも続きたかったんですけど、疲れもあって少し(調子が)落ちてきてしまっていた。先週のエリエールで予選落ちして、2日間休めているので、練習とかトレーニングで調子も戻ってきている。今週の最後に優勝できたらいいかな」

先週の予選落ちで空いた土日は、そのまま愛媛県に残って練習とトレーニングを続け、日曜日の夜に宮崎入り。そして月曜日にインコースの9ホールを、きょうは18ホールを回ってしっかりコースチェックを行った。コース上空を吹き荒れる強風対策には、「特にティショットで木よりも高さを出さないように」、密集したラフからのアイアンショットでは、「フライヤーを確認したり、ボールの(グリーンでの)バウンドのしかたを見たり」と対策を立てている。

特に警戒ポイントに挙げたのが、グリーン周りの粘っこいティフトン芝からのアプローチ。「フェースを開いた状態で、いかに同じスピードで打っていけるか。ゆっくりゆっくり、腹筋をしっかり使って、クラブの重さを感じた状態で打てれば、クラブの重さだけで飛んで行ってくれるので、そのイメージでやっています。ヘッドスピードが出たり緩んだりすると、ボールとフェースの間に芝が入って飛びすぎたり、(ヘッドがボールの下を)抜けて飛ばなかったりする」と入念にグリーン周りのアプローチを繰り返した。

また、会場の宮崎カントリークラブは芝目の強いコーライグリーンが特徴。今シーズン、コーライで行われた試合は沖縄の「ダイキンオーキッドレディス」と、静岡県の川奈ホテルGCで行われる「フジサンケイレディスクラシック」、そして今大会の3試合しかない。コーライ芝を苦手にしている選手も多いが、植竹は「嫌な感じはない」ときっぱり。

「河川敷にはよく行くんですよ(笑)。埼玉の江戸川沿いのKOSHIGAYA GOLF CLUB、クリアビューゴルフクラブ&ホテルとか、江戸川や利根川沿いをけっこううろうろしています」と河川敷コースで、コーライグリーンには慣れている。ちなみに KOSHIGAYA GOLF CLUBのラフはティフトン芝で、多くのプロが「練習になる」と通うコースでもある。それに深堀圭一郎がかつて全英オープンの渡英前に強風対策を青木功に聞いたところ、「河川敷に行け」と言われたエピソードもある。

コーライの強い芝目対策については、「最初の出球がけっこう大事。出球のスピードで、芯に当たっているときと、当たってないときのボールのブレかたが大きく変わる。芯に当たっていないと下りでもラインに乗ってくれないので、そこだけ気をつけてやっています」とパターの芯で打つことをポイントに挙げた。最終戦で初優勝となるか、25日から始まる植竹の4日間の戦いに注目したい。

今大会には植竹に加えて、吉田優利、山下美夢有、サイ・ペイイン(台湾)の4名が初出場。以下、3人の大会への意気込み。

■吉田優利(楽天スーパーレディース、ゴルフ5レディス優勝)
「優勝してこの試合に出られたのはうれしい。メジャーはどの選手もコンディションを整えてくる試合ですが、そのなかでもこの試合は華やかなイメージある。テレビでしか見たことないが、赤く彩られていたり花がたくさん咲いていたりと選手側もテンションが上がる。2サムだったりいつもと違う試合。純粋に楽しみですし、納得のいくゴルフができればいいですね」

■山下美夢有(KKT杯バンテリンレディス優勝)
「リコーカップに出場するのは目標でもあった。初優勝できて出られるということはすごくうれしい。練習ラウンドから楽しく回っています。今回は父がキャディしてくれるので一緒に優勝できたらいい。パターが入ったらビッグスコア出るかなと思うが、まずはアンダーパーで回れたら。毎日1つでも伸ばせたら最高ですね」

■サイ・ペイイン(メルセデス・ランキング34位の資格で出場)
「とても楽しみにしていました。風も吹いているし、湿気もあるし(地元の)台湾のような感じですね。初めてのコースなので、今までの自分のゴルフがどれくらいまで通用するか試していきたいです。すごい大会ですが、そう感じているといつものプレーができないので、平常心でいることが一番大事だと思います」

<ゴルフ情報ALBA.Net>