<JLPGAクォリファイングトーナメント 最終ステージ 最終日◇3日◇葛城ゴルフ倶楽部 宇刈コース (静岡県)◇6412ヤード・パー72>

96人の選手が参加して行われた、来季出場権を争うQTが終了した。そこにはルーキーも22人が出場。新型コロナウイルスの影響で、今年は6月、11月と2度行われたプロテスト合格者たちの来春からの“職場”もおおむね決まったことになる。そのなかで最上位のQTランク5位で通過したのが、11月合格者の永嶋花音(はなね)だ。


台風並みの強風が吹いた2日目も「72」と耐え、4日間オーバーパーはなし。笹生優花、西郷真央らと同じ2001年生まれで、自身3度目の受験でテストを突破した。「(失敗した)6月のテストがもう1、2年前のことに感じます。11月は自信があったけど、そこで受かった直後に、今度は(QTを)上位で通れるとは思ってませんでした。(来季レギュラー前半戦出場権獲得ラインの)30位にしがみつこうと思っていたので」と、この結果に驚きを隠せない。

東京都出身だが、高校はゴルフ環境を考え、父親が当時単身赴任していた宮崎県の日章学園高に進んだ。そして卒業後は東京に戻り、千葉県内のゴルフ場でキャディのアルバイトをしながらプロの道を目指していた。同級生たちが活躍する一方で、自身は高校3年時に受けた19年、そして今年6月のテストと連続で失敗。「くやしい思いもたくさんしました。キラキラした世界に憧れていたのに、(合格できず)みじめだし、やってもやってもうまくいかないこともあった。思い通りいかなくて苦しかったです」と、この“浪人生活”を振り返る。

だがいよいよ来年は開幕から、そのキラキラした舞台で戦うことができる。「私は(高校時代を過ごした)宮崎県が大好き。目標はリコーカップに出ることです」と、ターゲットを優勝者やランキング上位者のみが出場できるシーズン最終戦に定めた。ルーキーイヤーから、ほかの同級生たちと同じような活躍に期待がかかる。

そのほかのルーキーたちもQTランクが確定し、10月の「スタンレーレディス」でプレーオフのすえ2位になった佐藤心結(11位)や、6月のプロテストでトップ合格した佐久間朱莉(14位)らが、来季前半戦にフル出場できることが見込まれる30位以内で4日間を終えた。

一方、最終日に「79」と崩れた11月のトップ合格者・尾関彩美悠(58位)や、双子姉妹の姉・岩井明愛(70位)、妹・千怜(90位)らは、ステップ・アップ・ツアーを主戦場に、そこからの“レギュラー昇格”を目指すことになりそうだ。以下、主なルーキーたちのコメント。

■佐藤心結(11月合格、トータル3アンダー・QT11位)
「第1ステージの時にスイングが崩れてあまりいい状態ではなかった。最終ステージの練習ラウンドから少しずつよくなって最終日が一番(状態が)よかったです。デビューの年から優勝を目指して、シードも獲れるように頑張りたい。(一緒に回りたいのはスタンレーレディスのプレーオフで敗れた)渋野日向子さん。もう1回一緒にプレーして成長したところを見せたいです」

■小倉彩愛(6月合格、トータル3アンダー・QT12位)
「ホッとしています。3日目に順位を下げてしまったので、もう落とせなかった。アンダーでまわるぞという気持ちでスタートしました。(出身地の岡山県勢が活躍)日向子ちゃんはアメリカに挑戦しているし、(尾関)彩美悠ちゃん、(桑木)志帆ちゃんなど強い選手がたくさんいる。負けないよう、活躍できるように頑張ります」

■桑木志帆(6月合格、トータル3アンダー・QT13位)
「(6月の)プロテスト前から順調にきてて、今回初日、2日目と苦しかったけど、諦めずに最後までできたので、次戦につながると思います。私の1個上、2個上の先輩がすごい活躍しているので、私も早く優勝争いに加われるように、しっかりオフシーズンに練習したい。トレーニングをしっかりやるのと、ショートゲームが下手くそなので、そこを重点的にやりたいです」

■尾関彩美悠(11月合格、トータル6オーバー・QT58位)
「久しぶりにこんなに打って(最終日「79」)、自分の実力不足を痛感しました。難しいピン位置でしたが、チャンスについてもクルンとなって一つも入りませんでした。そうしているうちにボギーがきて、OB も…。そこは打ち急ぎました。(来年)1試合も出場できないわけではない。出場したら、ランクを上がられるように頑張りたい。マネジメントをもっと勉強しないといけない」

<ゴルフ情報ALBA.Net>