<マイナビネクストヒロインゴルフツアー◇第2戦 マイナビカップ 事前◇20日◇富士桜カントリー倶楽部(6164ヤード・パー72)>

将来ツアーで活躍することを目指す若手女子ゴルファーが経験を積むための場を提供するトーナメントとして、2019年に始まったマイナビ ネクストヒロインゴルフツアー(以下MNGT)。22年は年間12試合を開催する予定で、いよいよあす20日に第2戦マイナビカップが富士桜カントリー倶楽部(山梨県)で行われる。


富士桜CCは日本男子ツアーのフジサンケイクラシックが開催されているチャンピオンコース。富士の裾野に位置しており、グリーンの強烈な芝目が選手を翻弄する。MNGTの前大会で念願の初優勝を遂げた中野なゆは、グリーンを丁寧にチェックしながらプロアマ大会をラウンドした。

「コースは難しいです。狭いのと標高が高いのと、グリーンが硬いのと。ショットの調子がよくないというのもあるんですが、標高が高いせいか縦の距離が合っていませんでした。ここしか狙えないなというところがいくつかあったので、あすはそこを外さないように集中していきます。グリーンの芝目の対応は、コースメモに富士山の絵を描いて準備しました」と、中野。

前大会でも、「調子はよくない」と言っていた。それが続いているのだが、「気持ちの問題です」と気合いを入れ直す。そして背中を押してくれるのは池田勇太からもらった、59度にロフトを立てた60度のウェッジ。「勇太さんのウェッジが寄らないわけないですよね」と笑う。そしてウェッジを見て、池田から「教わったマネジメントを思い出します」と続けた。

MNGTで2大会連続優勝した選手は、いまだ出ていない。初優勝の後に初の2大会連続優勝の期待が中野にかかる。それを意識すれば緊張を呼び込むことになるが、試合に出る限り意識せずにはいられないだろう。そのことを聞くと、「勝ちたい気持ちはありますが、欲を出さないようにします。欲が出ると、ダブルボギーを叩いてしまうので」と、気持ちを引き締めていた。(文・河合昌浩)

<ゴルフ情報ALBA.Net>