最新の売り上げランキング(4月18日〜24日)のウッド部門では、ドライバーとフェアウェイウッドは先週と変わらず『ローグST MAX』が1位だったが、ユーティリティ部門では『ステルス レスキュー』が再びトップに立っている。ウッドカテゴリーの中でもユーティリティはドライバーやフェアウェイウッドとは少し動向が違うようだ。その最新状況について、つるやゴルフ神田駅前店の佐藤弘治店長に聞いた。


「今回の『ステルス』、『ステルスプラス』のレスキューは、顔がシャープになって構えやすくなっています。その上で高弾道ボールが打てるので、お店で試打をしてから気に入って購入する人が多いですね。打感が良くなったという声もよく聞きます」

―ちなみに何番(何度)がよく売れているのか?

「ユーティリティで最も売れているのが4番(22度前後)で、次が5番(25度前後)。最近は4番と5番を2本まとめて購入する人が多いです。昔はユーティリティと言えば3番(20度前後)でしたが、アイアンセットが6番からになってきていることもあって、その上をカバーするために4U、5Uが必要です。逆に3Uは難しい印象があるので、その距離は7Wでカバーするようになってきたと思います」

ちなみに今週はアイアン部門でも『ステルス』がダントツの1位だったが、今後はアイアンを購入した人がユーティリティでも『ステルス』を選ぶケースが増えそうだ。

■ドライバー売り上げランキングトップ3
1位 キャロウェイ ローグST MAX
2位 テーラーメイド ステルス
3位 キャロウェイ ローグST MAX D

■FW売り上げランキングトップ3
1位 キャロウェイ ローグST MAX
2位 テーラーメイド ステルス
3位 ピン G425 MAX

■UT売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス レスキュー
2位 ピン G425 ハイブリッド
3位 キャロウェイ ローグST MAX ユーティリティ
※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>