<中日クラウンズ 最終日◇1日◇名古屋ゴルフ倶楽部和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

国内男子ツアーは最終ラウンドが終了した。首位と2打差で出た稲森佑貴が8バーディ・1ボギーの「63」をマーク。トータル16アンダーで逆転し、今季初優勝、ツアー通算3勝目を挙げた。


トータル13アンダー・2位にハン・ジュンゴン(韓国)。トータル11アンダー・3位には昨年覇者の岩田寛が入った。

石川遼は「68」をマークし、アマチュアの中島啓太(日体大4年)らと並ぶトータル8アンダー・7位タイ。今季自己ベストの順位で4日間を終えた。

2週連続優勝を狙った桂川有人は「73」とスコアを崩し、トータル4アンダー・24位タイに終わった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>