米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」を終えて、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。


今大会でシーズン初優勝を遂げたマックス・ホーマ(米国)が500ポイント(pt)を獲得。前週の20位から6位(1342pt)へと一気に順位を上げた。

トップ5は変わらず、今季4勝を挙げているスコッティ・シェフラー(米国)が2788ptで独走。今大会にエントリーしなかった松山英樹は、ポイント加算はなかったが5位(1376pt)をキープした。首位との差は1412ptとなっている。

5位で大会を終えたローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算1096ptとして、1ランクダウンの12位につけている。予選落ちを喫した小平智は142ptのままで、2ランクダウンの162位と順位を落とした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>