<AT&Tバイロン・ネルソン 事前情報◇10日◇TPCクレイグランチ(米テキサス州)◇7468ヤード・パー72>

米男子ツアーは、初代優勝者であるバイロン・ネルソンの名を冠し行われている「AT&Tバイロン・ネルソン」が開催される。海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」を翌週に控え、“前哨戦”ともいえる一戦。12日からの開幕に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。


4月の「マスターズ」以来5試合ぶりの出場となる松山英樹は、元世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)、ツアー1勝のマッケンジー・ヒューズ(カナダ)と同組でプレー。現地時間午前7時45分(日本時間午後9時45分)に10番ホールからティオフする。

マスターズを制し、今大会の優勝予想1番手に挙げられているスコッティ・シェフラー(米国)は、昨年大会覇者のイ・キョンフン(韓国)、ジョーダン・スピース(米国)と午後組でスタートする。

東京五輪金メダリストで先月のチーム戦で3年ぶりのツアー優勝を挙げたザンダー・シャウフェレ(米国)は、ケビン・キスナー、ダスティン・ジョンソン(いずれも米国)とともに、松山の1つ後ろの組でプレーする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>