<AT&Tバイロン・ネルソン 初日◇12日◇TPCクレイグランチ(米テキサス州)◇7468ヤード・パー72>

米男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」は初日の競技が進行中。4月に行われた海外メジャー「マスターズ」以来、5試合ぶりにツアーに出場している松山英樹は、1イーグル・4バーディ・1ボギーの「67」でプレーし、好発進を決めた。


松山は現地時間午前7時45分(日本時間午後9時45分)に10番ホールからティオフ。12番パー5で2オンに成功してイーグルを奪うと、14番パー4、15番パー3で連続バーディを奪取して、ボギーなしで前半を折り返した。

後半も5番パー5、6番パー4を連続バーディとしてスコアを伸ばし続けた。だが、8番パー4で13メートルのバーディパットから3パットのボギー。それでも最終9番をパーで締めて5アンダーとし、来週のメジャー大会「全米プロ」の前哨戦ともいえる今大会で上々のスタートを切った。

ウェイティングからの出場となった小平智は5バーディ・4ボギーの1アンダー「71」でプレーし、すでにホールアウトしている。

現在の首位はセバスチャン・ムニョス(コロンビア)。2イーグル・9バーディ・1ボギーの12アンダー「60」で回り、トーナメントレコードタイ記録を叩き出した。8アンダーの2位タイに昨年覇者のイ・キョンフン(韓国)、ミト・ペレイラ(チリ)、ピーター・マルナッティ(米国)が並んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>