<AT&Tバイロン・ネルソン 2日目◇13日◇TPCクレイグランチ(米テキサス州)◇7468ヤード・パー72>

米男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」の第2ラウンドが進行中。「マスターズ」以来、5試合ぶりのツアー出場となった松山英樹は、6バーディ・ボギーなしの「66」で回り、トータル11アンダーまでスコアを伸ばした。ホールアウト時点で9位タイにつけている。


3番パー4でこの日初めてのバーディを奪うと、5番、6番で連続バーディ、そして9番パー5でもスコアを伸ばして折り返す。後半に入ると11番、12番でまたも連続バーディを奪取。その後は18番までパーを並べ続け、ボギーフリーのラウンドをみせた。

小平智は1イーグル・4バーディ・3ボギーの「69」でプレーし、3つ伸ばしてトータル4アンダー。現時点の予選通過ラインに1打及ばない状況となっている。

現在の首位は、トータル15アンダーでセバスチャン・ムニョス(コロンビア)、ライアン・パーマー(米国)、デビッド・スキンズ(イングランド)が並んでいる。トータル14アンダーの4位にジャスティン・ローワー(米国)が続く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>