ウクライナのアマチュア、レフ・グリンベルグが堂々たるプレーを披露した。ベルギーで開催されている「ソウダル・オープン」2日目に5バーディ・3ボギーの「69」(パー71)をマークし、予選カットラインを2打上回るトータル3アンダー・29位タイで楽々と決勝ラウンドへと進んだ。


「きょうはものすごく良いプレーができた」とホールアウト後は英語でインタビューに答えたグリンベルグ。「あすも日曜日もプレーできる。ものすごくうれしい!」と満面の笑みを見せた。

14歳6カ月での欧州ツアー予選通過は、同ツアー史上2番目の年少記録。ちなみに欧州ツアーの出場にも数えられる海外メジャー「マスターズ」で2013年、中国のグァン・ティンランが14歳146日で予選通過を果たしたのが最年少記録となっている。

グリーンバーグ自身のホームページによると、生まれはウクライナのキーウ。5歳でキーウのコジンG&CCでプレーを始めた。数年後に父の仕事でベルギーに行き、7歳で競技ゴルフを開始。さらにゴルフにのめり込むようになったリブは、冬場は米国のフロリダ州で過ごすようになった。新型コロナのパンデミックの期間はフロリダで過ごしたが、昨年ようやくベルギーに戻ったという。

リヴが注目を集めるのは今回が初めてではない。13歳だった昨年、「全米オープン」の最終予選会に進み、史上最年少での本戦出場を目指した。ダラスアスレチッククラブでの初日を「74」で回ったが、2日目は悪天候で中断となった。米ツアー通算4勝のスコット・ピアシー(米国)らとプレーをしていたが、翌日までプレー再開はならず、リヴは次戦のジュニア大会のため大会から途中棄権をした。

現在はベルギーに暮らすリヴだが、実は開催コースのリンクベン・インターナショナルはホームコース。リヴのスタート時間には10番ティに例年の3倍のギャラリーが集まった。

「友達もたくさん来てくれてうれしかった。緊張はしなかった。今週の目標はトップ10に入ること。予選と同じようにプレーして楽しみたい」とはにかんだ。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>