日本とアジアンツアーの共同主管大会「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」を終えて、最新の国内男子賞金ランキングが発表された。


今大会でシーズン初優勝を挙げた今平周吾が賞金2000万円を獲得。今季通算を2592万4571円として、先週の14位から5位に浮上した。

2位タイの賞金790万円を加算した桂川有人が4260万8000円で1位をキープ。2位からは星野陸也(3398万7500円)、香妻陣一朗(3238万8633円)、稲森佑貴(2703万1166円)と続いている。

石川遼は432万5500円の25位。昨季賞金王のチャン・キム(米国)は431万5000円で26位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>