<ブリヂストンレディス 事前情報◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713ヤード・パー72>

今週、渋野日向子が千葉県で今季初となる日本ツアー出場を果たす。月曜日からコースを訪れ、火曜日には18ホールの練習ラウンドを敢行。開幕前日となる18日にはプロアマ戦に出場し、あす初日を迎える。


日頃から慕う青木瀬令奈、同学年の工藤優海、親交が深い2学年下の上野菜々子と一緒に行った練習ラウンドは、快音とともに時折“大爆笑”する声も聞こえるリラックスムード。練習場などでも、これまでともにツアーを戦ってきた選手たちからハグなどで出迎えられた。しとしとと雨が降るなか、9番パー5(560ヤード)の2打目では“直ドラ”もチェック。入念に確認作業を続けた。

その渋野が今週バッグに入れる14本は、4位になった海外メジャー大会「シェブロン選手権」や、最後まで優勝を争い2位になった「ロッテ選手権」など米国ツアーでのセッティングから大きな変更はなし。ドライバーの『PING G410 PLUS』や、パターの『PING シグマ2 アンサー』など、おなじみのラインナップがそろい、ウェッジ4本などその構成も変わらない。

ピンのツアー担当者によれば、先週の9日(月)に同社を訪れ、アイアンのロフト角などにズレが生じてないかを確認。また今週に入りグリップを巻き直したが、いずれもメンテナンスの一環というもので、何かを調整したということもなさそう。慣れ親しんだクラブとともに、昨年11月の「大王製紙エリエールレディスオープン」(12位タイ)以来となるひさびさの日本ツアーを戦っていく。

【渋野日向子のクラブセッティング】
1W:PING G410 PLUS 9度(フジクラ スピーダー NX 50S)
3W:PING G425 MAX 14.5度(フジクラ スピーダー NX 50S)
7W:PING G425 MAX 20.5度(フジクラ スピーダー NX 50S)
5UT:PING G425 26度(フジクラ TR HYBRID 75S)
6UT:PING G425 30度(フジクラ TR HYBRID 75S)
6〜9I:PING i210(フジクラ MCI 80R)
46、52、54、58度:PING GLIDE3.0(フジクラ MCI105 MILD)
PT:PING シグマ2 アンサー

<ゴルフ情報ALBA.Net>