<ブリヂストンレディスオープン 事前情報◇18日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713ヤード・パー72>

昨年11月の「大王製紙エリエールレディス」以来の国内ツアー参戦だ。渋野日向子が千葉県で行われる「ブリヂストンレディス」開幕前日のプロアマ戦後、会見に臨んだ。


昨年末の米国女子ツアー最終予選会を突破。今季は米国が主戦場だが、久しぶりに国内試合に参戦する。距離も長く難易度が高いコースを前に、「相当ハードなセッティングだけど、4日間戦えるように頑張ります」と意気込みを示した。

今季米ツアーでは7試合に出場し、海外女子メジャー「シェブロン選手権」で4位、ハワイ開催の「ロッテ選手権」では優勝争いの末2位。「ホンダLPGAタイランド」では8位とトップ10に3度入っている。帰国前の大会ではパッティングに苦しみ予選落ちを喫したが、概ね順調に進んできたと言っていいだろう。

「成長を感じて帰ってきたかった。(直近の試合は)変な終わり方ではありましたが、トップ10があったのはすごくよかったし、ハワイの風の中で上で戦えたのは自信を持つきっかけになりました」

来季シードを決めるポイントランキングでも23位。シード入りほぼ確実の状況を可能にしたのは、スイング改造やコースマネジメントなど、内容面での成長があるからこそ。このあとは6月上旬の「全米女子オープン」からメジャーシーズンに突入し、さらにその成長を確かなものにしていく。

ことし初めて日本のファンにプレーを見せることになる。「きょうの感じはすごくよかったと思います」とプロアマ戦のプレーには納得。一回り大きくなった米ツアーメンバーとして、国内でも存在感を見せつける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>